• トップ

日頃の効率よい勉強が大切

受験に大切なことについて

受験は時間の使い方が大切です

中学や高校、大学と受験をする機会は多くの子どもが経験することです。受験は入学したい学校の入試に受かることが必要であり、それに向けて数年間頑張ることが重要になります。しかし、学生生活の中には勉強の他、部活や友人との時間、学校行事など様々なことを経験する時間も必要です。ですから、勉強方法としては限られた時間の中でいかに効率よく勉強をし、受験に合格する道筋を立てていくことが大切なのです。ただやみくもに勉強していても効率は良くありません。それぞれ自分が何を勉強し、身に着けていく必要があるのかをまず考えることです。苦手な科目は基礎的なことが抜けていることが少なくありません。勉強方法としてまずは、基礎部分の確認をし、土台を作っていくことです。そして得意な科目は、難しい問題を解ける能力をつけていくことです。受験は数科目の合計点数で競うことが多いので、受かるためには得意なもので引き上げる、そして苦手な科目で足を引っ張らないようにしていく勉強方法を作っていくことが重要です。学校の授業や自主勉強以外にも多くの子どもが塾に通います。塾は受験のノウハウを専門的に研究し、情報収集をしている専門機関なので、希望の学校に受かるためにはそのサポートもとても大きなものになります。

↑PAGE TOP