水素水サーバーの濃度

水素水の濃度と水素水サーバーの魅力

濃度の違いで選ぶ水素水サーバー

できるだけ高濃度な水素水を、続けて飲むためにはどのような方法が一番でしょうか。パウチは高濃度の商品が多いみたいですが、水素水サーバーのほうがコスパも良いのではないかと迷っています。

水素水というのは、水素の分子が通常よりも多い状態の水で医学的には水素豊富水と呼ばれています。水素は世界で一番小さい分子なので、体内に入ると体の細胞の隅々まで行き渡ることができます。そして体内に溜まっている活性酸素と結合して、無害な水となって排出されます。健康効果が高いのではと期待されているのが水素水なのです。

たくさんある水素水の中で一番気になっているのは、その水素濃度の違いです。水素水は水なので、たくさん摂りたいと思っても1日に飲める量には限界があります。水素濃度が高ければ同じ量を飲んでも更なる効果を期待できます。高濃度な水素水を飲みたいのなら、どのような水素水を選ぶのが良いでしょうか。

水素水を摂るためには、ペットボトルやアルミパウチに入った水素水、水素サプリメント、自分で生成するスティックタイプ、水素水サーバーと選択肢は色々あります。サプリメントはまだ水素水の効果を得られるのかどうかはっきりとしていないということがありますし、スティックタイプは携帯できて高濃度という手軽さがありますが、水素水が発生するまでに10時間以上かかります。

手軽に飲めるという点から考えると、ペットボトルやパウチタイプか水素水サーバーが残ります。毎日飲み続けることを考えると、毎回購入しなくてはいけないパウチは月1万円前後かかりますが、水素水サーバーをレンタルすれば月額5千円前後で利用することが出来ます。さらに水道直結型のサーバーならいくら飲んでも金額に変わりはありません。

金額面では水素水サーバーが有利ですが、そのまま持ち運びできるペットボトルやパウチのほうが、手間もなく続けやすい気もします。水素水サーバーの場合、サーバーからマイボトルなどに移し変えて持ち運びする手間があります。

高濃度な水素水を飲みたいのなら、どの選択肢が良いでしょうか。ペットボトルやパウチタイプは、充填時には高濃度なのですが、実際は出荷されて手元に届き飲む時点まで高濃度が保証されていません。水素は小さい分子ですので、ペットボトルの容器から少しずつ抜けていってしまいます。アルミパウチの場合、ペットボトルよりは抜けにくいのですが、一旦開封するとどんどん水素が抜けていくため、早めに飲み切る必要があります。

水素の濃度、そして費用の面から私は水素水サーバーを選びました。

せっかく飲むのなら出来るだけ濃度の保証がある水素水が飲みたいですよね。パウチタイプは高濃度とは言われていますが、これは充填された工場の時点での数値です。出荷の時点では高濃度だとしても、飲む時にどれだけの濃度の水素が残っているかは分かりません。

開封しなくてもペットボトルの容器を水素は通り抜けてしまいますので、出荷されて手元に届いたら出来るだけ早くに飲まないことには、水素濃度はどんどん低下してしまいます。一度開封してしまったら、できるだけ早く飲み切らないともったいないのも気になります。

その点、水素水サーバーなら飲みたい時に飲みたいだけ、サーバーから水素水を出して飲むことができます。濃度は確かにパウチタイプと比べると低濃度なのですが、いつでも出来たての水素水が飲めるので、場合によってはパウチタイプよりも水素の濃度が高いと言えます。