まずは受ける大学を決める

受験に合格するために

受験で受かるための注意点

大学進学を目指していて、大学受験などで受かるためには、いくつかの注意点があります。まずどこの大学を受けるかということを決める必要があります。大学を受ける場合、文系か理系かによっても対策は違いますが、私立大学か国公立大学かによっても、受験対策は全く違うのです。志望大学に受かるためには、まずは目標を明確にすることが大事です。しかし、実際には、国公立大学を第一志望にして、私立大学を滑り止めにする人も多いでしょう。ですから、国公立大学と私立大学の対策を同時にすることになりますが、国公立大学は科目数が多いので、苦手科目がある場合や、文系で数学などの理系科目が苦手な場合は、受験勉強はかなり苦労することになってしまいます。私立大学だけを目指す場合でも、確実に受かるためには、特に難関私大では、特別な対策が必要になっくるので、注意が必要です。というのも、最難関の私立大学では、重箱の隅をつつくような難問が出題されると言われていますから、予備校や塾で、大学別の個別対策の授業を受けるなどの対策をしておくと安心です。一方、国公立大学では、私立に多いマークシートや択一式問題より、論述問題が多いので、日頃から慣れておくことも注意点のひとつです。

受験の深い情報

↑PAGE TOP